スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々

気力が出ません。
それなりに活動してはいるのです。雅楽公演を観に行ったり、岡野浩司氏の個展を観に行ったり、青木先生のお通夜に行ったり、ニヒル牛のイベントに参加したり、知久さんのライブに行ったり。どの日も思うところはあるのですが、書こうという気になれません。と、いうより行くだけで精一杯でアップアップしてしまい、感想を書くどころではないのです。そして、出かけていない日は無気力でぐったりしています。
そういう時は、脳が漂白されたようになって、時間がペラペラになってしまい、テレビをつけることもなく部屋は沈黙で満たされています。
苦しいです。
体がまるで仕付け糸で布団に縫い付けられているような感じがしたり、どうにも眠れなくて徹夜になってしまったり。
今日も早朝覚醒してしまいました。
体と心のコンディションがめちゃめちゃになっているようです。
なんとかしなくっちゃ。
今日、医者に行きます。

スポンサーサイト

ご冥福をお祈りします

青木周平先生が亡くなりました。
今日、お通夜に行ってきました。
いつもニコニコされていて、研究って楽しいね、とおっしゃったりもした方でした。
本当に研究が大好きな方でした。
惜しい方をなくしました
会場には大勢の弔問客が訪れ、焼香しては去ります。スタッフの手際が良くって、するすると焼香が進みました。
あの笑顔の先生が、亡くなったとは、何だか信じられません。
まだ、お若いのに…。
またひょいっと現れては古事記の講義をなさるような気がします。
斎場では緊張して粉デパを飲んだりしましたが、帰宅すると悲しみがずっと押し寄せてきて、たまりませんでした。
先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

絵を描く

はたまた早朝覚醒してしまいました。
1時に寝て、4時に起きて、30分ぐらい寝ようと布団の中でじっとしてたのですが、
ダメでした。
脳内物質が乱れているのを感じます。
仕方ないから、起きだして、高山辰雄遺作展の画集など眺めていました。
高山辰雄って、全然知らなかったのですが、練馬区立美術館で観て、素敵だなあと思いました。
絵もいいんですが、絵に込められた思いがいいんです。
例えば、

個性を大事にするとはよく言われることですけれど、僕はそれよりも人間に共通のものを探したい。一人の個性なんてたかが知れているような気がして、みんなと同じ事がらに触れていたいと思うんです。しかし、みんなと同じとはどういうことかと考えると、いまだにつかめない。そんなことを思うのも、個性という言葉があったからこそで、そうでなかったら共通のものとは何かなんて考えることも、なかったかもしれませんがね。今朝も庭の葉っぱを見ながら思ったんですよ。どうも自分はあの葉っぱと同じことを考えたりしたいと。葉っぱをひょっと見ている自分と、その葉っぱの気持ちとが一緒でありたいんですね。相手が人間だったらなおさら、一緒にいる人たちの気持ちというものが知りたい。そうすることで、逆に自分を知りたいのかもしれません。
自分、自分といっても、はっきり分からないところがあって、むしろ、まわりにあるものに自分を教えられるような気がするんです。いいなあと思った絵の数々が、私の身体の中にしょっちゅう流れているし、あるいは故郷への帰り道の途中の冬の風景とか夏の風景とか、そうしたものもみんな身体に流れている。汽車の窓から見た事がらだとか、その時、目に入った煤とか、そういうもののすべてが僕をつくり上げているような気がします。それ以外の僕はどこにいるんだろうと探すこともありますが、やっぱり外から入ってきたものによって自分がつくり上げていることを、いつも思い知るような気がしますね。
(「高山辰雄が語る 絵の何が人の心をとらえられるのだろう?」/『芸術新潮』1998年9月号)

こんな感じです。
高山辰雄は、日本画家ですが、何というか日本画の制約を超えて西洋画にも通じるような画風です。人物や風景が描かれているだけなのに、そこに深い哲学のようなものを感じる。いつも「生とは何か、世界とは何か」というような表現がなされてるのが素晴らしい。
ファンになりました。
…朝ごはんを食べたらまた寝ます。

暇つぶし

今日は精神科の病院へ行ってきました。
連休明けということで混み混み。私もちょうど薬が切れる頃合いで明日飲む薬がない状態でした。なので仕方なく診察を受けに行きました。
病院のドアを開けるとうわっ待合室が患者さんでいっぱい。座る場所さえない。これは外出しかない、と受付を済ませてから近所のマンガ喫茶に避難しました。
1時間15分いて、病院に戻りました。その間読めた漫画は1冊半。マンガを読むスピードが落ちているのです。戻ると待合室は相変わらず混み混みでしたが、外出の甲斐あって4番目くらいに呼ばれました。
先生に、ひとりで寂しくてたまらないと相談したら、「ショッピングモールに行きなさい」とのお言葉。ウインドーショッピングをして、疲れたら喫茶店で一休みしなさいとのこと。体力も衰えているので、それがちょうどいいと言うのです。
でも、買いもしないもの見て回ったって面白くないもんなあ…。お金なくて買い物もできないし、服とかも特に欲しくないし。
でもせっかくの先生のお言葉だからやってみるか、ウインドーショッピング。
そのためには池袋に出かけて西武だの東武だのをぶらぶらするしかない。なんか情けないな。楽しいかな。帰りの前のコーヒーぐらいは楽しいかも。
病気ってホント嫌だよね。欲しいものがないのも、テンション下がってるせいだしな。
プロフィール

一葉

Author:一葉
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。