スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減にしたまえよ

不眠なんか大嫌いだ。昨日医者に行って睡眠薬を強くしてもらったのに、3時間半で目が覚めてしまった。今5時25分。布団でゴロゴロで安静にしていたがさすがにキレてしまった。
確かに昨日昼間寝てしまったのだが、1、2時間だけだった。
むかーーっ
情けないのを通り過ぎて、腹が立ってきた。といっても、何を対象とした怒りなのかわからない。とにかくいい加減にしてくれよ、と言いたい。
夜に熟睡して、朝起きたい。
切実になってきた。
小学生の頃、校長先生のモットーが「快食、快眠、快便」だった。当時は「そんなの当たり前じゃん」と思ってピンとこなかったが、今になってあれは名言だった、と思うようになった。大人はいろいろ大変なのだ。
校長先生のモットーに共感する年になったのだなあ。
スポンサーサイト

嘆きの朝

現在7月29日5時40分。また眠れませんでした。徹夜です。昨日の昼間に我慢できず寝てしまったのがよくないのでしょうか。でも昨日は反省して、昼間5、6時間しか寝ていません。眠れないのは、統合失調症の人にとって悪い傾向です。
病気の悪化?
まあ、波のある病気ですから、一喜一憂しても仕方ないのですが、何もすることはないのに夜眠れないのは、本当につらいものですね。頭はぼうっとして内圧が高まっているかのような感じ。体は勿論、疲れている。唯一救いなのは、空腹を感じないことでしょうか。これでお腹がすいていたらたまったもんじゃありません。
ああ、夜に熟睡したい。今夜こそは…!

もう朝だべや

今朝の5時の5分前です。
なんでこんな時間にブログを…はい、そうです。眠れないのです。床に就いたのが1時前、睡眠薬もたくさん飲んでいるのにこのていたらく。
一睡もできません。
前は1時間ごとに起きたり寝つきが悪かったりしましたが、薬を戻したらぐっすり眠るようになりました。
それをいいことに夜昼となく寝ていたら、今度は昼寝が祟って夜眠れなくなるように…。
馬鹿です。
その分また昼寝をすればいいじゃん、というわけにはいきません。統合失調症の患者は11時~2時くらいの時間に良質の睡眠をとるのがよいのです。脳内物質のバランスがとれますし、成長ホルモンも出てお肌にもいい。わかっちゃいるけどねえ…。
眠りに落ちる、こればっかりは、神様のお計らい
なんて他力本願してないで、早寝早起きを己に課して頑張るぞ~。
楽しいことに夢中で徹夜するんなら、いいんですけど。(いやだめか?)

みんなでわっはっはー

ホルモン鉄道というライブに行ってきました。メンバーは、元「たま」のパーカッション、石川浩司さんと、富山から来た歌い手さん大谷氏
これがおかしかった。
  ♪うんこの匂いが臭すぎる。
   マドモワゼルに嫌われる
  ♪あなたの仕組みがわからない
   マドモワゼルに嫌われる
と、延々続いた後、2人は突如「嫌わないで嫌わないで」と足を踏み鳴らしながら号泣しそうな顔をするのです。その顔がまた、歌舞伎メイクもなんのその、もう筋肉ぐちゃぐちゃですごい迫力。マドモアゼルは恐れを抱いてぴゅーと逃げてしまいそうな顔なのです。
いやーすごい。
それから、やおらTシャツとズボンを脱いで、トランクス一枚になって、何をするのかと思ったら、体をぺちぺち叩きつつ歌いながら胸太鼓、腹太鼓、そこで石川さんがくるっとまわって横向きになり、トランクスを下げてそこへ大谷氏が尻太鼓を打ち始めたときには、もう大笑い。

ライブが終わった後にまったりとした時間になったのですが、ファンがサインを求めてもいやな顔一つせず応じてくれました。大谷氏は純朴そうな感じ。石川さんはちょっと怖かったけどお二人にサインしてもらい楽しいライブでした。
あー笑ったー。

へろへろ

おひさしぶりです。またまた更新が遅れてしまいました。理由は、体調が悪くて日記どころではなかったためです。
今日もまだ具合が悪く、医者に行ってその旨を話したら、新薬が合わないためだろうとのことでした。薬を前のに戻しました。これで楽になったらよいのですが…。
それにしても暑い。日中はまるでサウナの中にいるみたいでした。
書き込みたいことが他にもあるのですが、今日も気力がなくて書けません。
まずは夜ちゃんと眠れるようになりたいです。ここ2週間ほど寝つきが悪く、やっと寝ても眠りが浅く、1時間ごとに目が覚めたりして、かなり参っています。ああ、ぐっすり眠りたいよう。

おもてなし

先日、イギスという食べ物を食べました。表面がでこぼこしたコーヒーゼリーのような外見をしていました。噛むとかすかに磯の風味があり、なんとも形容しがたい食感がして、喉をすべり落ちていくのです。
私は全然知らなかったのですが、紅藻からゴミを払うなどきれいにしてゆでて、いろんな手間をかけて練って練ってほんの少しだけできるという。これは夏の懐石料理には欠かせない一品だともネットではそう言っていた。高級食材だそうな。
きっと私の知らないところで手作りされて、仙(店の名前)で美しく盛り付けあげ、私の胃の中に入っていったのです。
一体何人の人がイギスに携わっていたのかわかりませんが、最近の郷土料理の常で、作る人がだんだん少なくなっちゃって、滅多に食べられないそうです。そんな事を聞いてイギスを食べると、イギス自体が「よかった、よかった」と微笑みながら(?)、食道に降りて行くような感じがしました。じーん。
味はあまりしなくて、醤油をつけながら食べました。ありがとうイギスの皆さん、とてもおいしかったよ。
こういうものをサービスしてくれるというのは、本当に「おもてなし」です。
ちなみにこの懐石料理は、一月前の、同居人Sさんの誕生日ランチだったのです。ちょっと奮発したけど、おいしかったので許す。
この店の説明や料理の写真などSさんの気文に載っていますので、興味のある方はどうぞ。
プロフィール

一葉

Author:一葉
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。